株式会社 福岡建設合材

循環型社会の創造を目指して

灰処理・石膏処理サービスと、路盤材製品のことなら、株式会社 福岡建設合材

会社案内

会社概要

会社名 株式会社福岡建設合材
創業 1975年
事業所所在地 本社 熊本県八代市大村町348
工場 熊本県八代市千丁町古閑出262
代表者 福岡大造
資本金 1,800万円
社員数 37名(2021年4月現在)
売上高 78,900万円(2019年度)
業務内容 アスファルト合材の製造販売
路盤材の製造販売
リサイクル製品
灰処理
灰処理システム販売
商品開発
許認可資格 産業廃棄物処分業 許可
収集運搬業 許可
熊本県リサイクル製品 認定
エコロバンS-1 エコマーク商品認定
お陰石NETIS登録
主な取引先 日本製紙株式会社 様
王子製紙株式会社 様
旭化成株式会社 様
株式会社福岡建設 様
お取引銀行 南日本銀行
商工中金
関係会社 株式会社福岡建設
株式会社八代紙料
沿革 1975年 (株)福岡建設アスファルト合材製造販売事業部設立
1985年 (株)福岡建設より分社
1993年 リサイクル合材設備導入
2000年 コンクリートガラリサイクル設備導入
2002年 石膏処理開始
2003年 草シラズの開発・販売
2005年 灰処理開発に着手
2006年 エコロバンS販売開始
2008年 日本製紙様 石炭灰処理開始
2009年 石炭灰処理開始・お陰石の販売開始
2010年 熊本県リーディングカンパニーに認定
2011年 しゅん灰サンド しゅん灰岩の開発
2012年 しゅん灰サンドSCP試験施工
    海の再生・・・なぎさ線の施工
2013年 アスファルトプラントの新設
2014年 バイオマス灰処理開始
    研究棟の建設
2015年 王子製紙様タイヤ灰処理開始
    劣化防止アスファルト開発着手
2016年 スーパーゼオライトの開発着手
    カーボンブラック測定器開発特許取得
2017年 日本製紙様 バイオマス灰処理許可取得
    ニチゴ―様 バイオマス灰処理許可取得
    灰処理システムのパッケージ化へ
     RUSシステムの販売開始
2020年 お陰⽯ 熊本県リサイクル製品第⼀号に認定
活動実績 ●RUS海外展開
2017年11⽉
台湾ミッションに参加(現地の⾏政、⼤学、企業などプレゼン訪問)
2018年3⽉7日
タイミッションに参加、台湾での企業商談(5社)の実施
2019年9⽉11⽉
台湾での企業商談の実施、台湾⾏政及び⼤学とディスカッション
2020年2⽉
インドネシアでの企業商談及び市場視察

●ビジネスプランコンテスト
フクオカベンチャーマーケット
2019年5⽉ マンスリーアワード賞 受賞
熊本テックプラングランプリ
2019年7⽉ 最終選考通過
アグリテックグランプリ
2019年9⽉ 企業賞(優秀賞) 受賞
香川テックプラングランプリ
2019年11⽉ ショートプレゼン
九州ニュービジネス⼤賞
2021年6⽉ 優秀賞 受賞

●研究開発委託事業
NEDO事業採択
石炭灰およびバイオマス灰等によるCO2固定・有効活⽤に関する
要素技術開発
NEDO事業採択
浅海域における石炭灰の利活用促進に向けた環境配慮型技術の開発
研究開発項目:アサリ漁場改善用石炭灰混合基質開発

●特許
⼈⼯ゼオライトの製造⽅法および製造装置
⼆酸化炭素濃度の低減⽅法および⼆酸化炭素濃度の低減装置
(仮)RUSシステム予測式 特許出願済

●共同研究
熊本県⽴⼤学
お陰⽯を⽤いた機能解析の研究開発
福岡⼤学
お陰⽯を⽤いた⼟⽊⽤資材機能解析の研究開発
熊本⼤学
燃焼灰を⽤いたゼオライトの研究開発/海底堆積⼟の処理⽅法
愛媛⼤学
ゼオライトの新規プロセスの研究開発
千葉⼤学
燃焼灰を⽤いた吸着材料の研究開発
その他
早稲⽥⼤学、熊本⾼専⼋代など
予定
台北科技⼤学(台湾)
PADOMORO university(インドネシア)
Universitas Gadjah Mada(インドネシア)

●補助⾦事業
熊本県
平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開⽀援補助⾦
熊本県
平成27年度リーディング企業育成補助⾦
熊本県
平成30年度熊本県産業廃棄物排出量抑制支援事業費補助金
熊本県
令和元年度次世代ベンチャー創出支援事業化可能性調査委託事業
熊本県
令和1年度資源循環に関わる研究開発補助⾦
熊本県
令和2年度コンソーシアム新規事業事業化可能性調査補助⾦

所在地地図

地図
灰処理・石膏処理サービスと、路盤材製品のことなら、株式会社 福岡建設合材
本社 熊本県八代市大村町348 工場 熊本県八代市千丁町古閑出262
TEL 0965-46-1264 FAX 0965-46-1764

お問合せ

Copyright (C) 2010 福岡建設合材(エフ・ケー・ジー コーポレーション FKG). All Rights Reserved.